「バイオハザード」、クリス編とジル編の違いとは?

石造落とす瞬間

墓地から玄関ホールへ戻ってきたクリスが次に行く場所は、溜まってきた手持ちのアイテムを整理することです。
おそらく、大食堂で誤って入手してしまったインクリボンや回復の為に持ち歩いているグリーンハーブなどで、手持ちがパンパンではないでしょうか?
そこで、西側の物置小屋にあるアイテムBOXを使用するため、今から向かいたいと思います!

大食堂2階へ続く扉を開くと、ノソノソと歩いているゾンビと重そうな石造が置いてあると思います。
この石造を下に落下させるため、ゾンビを倒しましょう!しかし、ゾンビはこちらに気付いておらず、
もしかしたらこのまま乗り切れるかも!と思い、石造をえんやこらと押していきます。
すると、Uターンしてきたゾンビに見つかり、襲われてしまいました。
石造落とす瞬間
やはり、面倒臭がってはいけませんね。石造を下に落とし、そのまま施錠された扉まで進みます。
扉に入り、通路を進んで行くと下に降りる階段がありますので、1階へ向かいます。
階段下に茶色の扉があるので、中へ入ると、ゾンビも入ることが出来ない安全ルームに到着します♪
ここでは、アイテム整理やセーブ・ロードなどが行えますので、重宝するお部屋です☆
ただし、この部屋に入ったからといって体力が徐々に回復するわけではないので、ご注意ください。
サバイバルナイフやグリーンハーブなどをアイテムBOXに入れて、この部屋を後にします。
そのまま1階を道なりに進んで行くと、ジル編ではキーピックで施錠を解除することが出来る部屋があるのですが、
クリスはキーピックを持っていないので入ることが出来ません。

突然ではありますが、ここで「バイオハザード」のジル編とクリス編の違いをご説明したいと思います!

クリスは、銃を構えるのが早く、体力が高いのが特徴です。また、サバイバルナイフでの攻撃力がピカイチです。
しかし、持ち歩くことが出来るアイテム数は、ジルに比べて2つ少ない6枠となっています。
ジルは、手先が器用なので「館の鍵」が必要な場所以外の施錠された扉をキーピックを用いて入ることが出来たり、
ピアノを弾くことが出来るので仕掛けを自身で解くことが可能です。
しかし、クリスは館のあちこちに置いてある「古びた鍵」を入手したり、ピアノが弾けないため、相棒に頼るしかありません。
また、クリスは強力な武器であるグレネードガンの入手が出来ず、リメイク版から登場するクリムゾン・ゾンビに対抗するには、
白い灯油ボトルの携帯が必要になる。ちなみにリメイク版では、ライターをいつでも持っています。
ジルの相棒には、現在行方不明のバリーがジルを補助してくれますが、クリスは可愛らしい新人隊員のレベッカがパートナーとして登場します♪指示の出し方1つで、良き相棒になる人物です。

今回は攻略する前に、クリス編とジル編の大まかな違いをご説明しました♪
ちなみに、ジル編の方が、クリス編に比べてモンスターの数が少ないので、初めてプレイされる方は、ジル編から始めるのをオススメします☆